top of page
  • ohashi152

【商品紹介】Sweet Lib(スイートリブ)


👆の写真だと少し分かりずらいですが、ミキストフレームを採用したオシャレなシティバイク・Sweet Lib(スイートリブ)をご紹介します。


ミキストフレームとは生まれの男女兼用フレームのことです。

現代でもよく見られるスタガードフレームの強度アップを目的としてこの形状が生まれたそうです。

一番の特徴は下の写真をご覧ください。東京タワーのようなフレーム形状をしております。

その形状から、かつては『六本バック』という呼び名もあったそうです。

ブリヂストンサイクルもかつて、『カブキ(歌舞伎)』など、様々なミキストフレームの自転車を販売していた時期があります。

70年代ごろまでは比較的一般的なフレーム形状だったようですが、次第に衰退。

90年代以降はオーダーメイドの物を除けばほとんど目にすることが無くなっていました。


しかし流行はいつの時代もグルリグルリと繰り返すもの、最近ではSOMA FABRICATIONS(ソーマファブリケーションズ)やRIVENDELL(リヴェンデル) といったメーカーがミキスト形状のフレームを販売。自転車愛好家の間でも話題になっています。


そんなミキストフレームですが昔ながらのフレーム形状だとシートチューブ(サドルの棒がはまっているパイプです)が長く、サドルをあまり下げられないという特徴がありました。


今回ご紹介するSweet Lib(スイートリブ)はそのシートチューブを短く設定しているので、小柄な方でも無理なく自分の体に合ったサドルの高さに設定することが可能です。

標準装備の前かごは、横幅が44cmありますので大きいカバンでも無理なく収納することが出来ます。日本では女性向けのイメージがあるミキストフレームですが、冒頭でご紹介した通り元々はフランスので男女兼用のフレームとして生まれたもの。都会的な雰囲気の自転車をお探しの方におススメの一台です。


カラーラインナップは「アイボリー」と「マットブラック」の2色です。

ぜひ、店頭にて立体的なフレームを実際に見てみて下さいね。





Comments


bottom of page