top of page
  • ohashi152

【新商品】Equus20(エクウス20)


 新入荷・スポーツタイプの20インチミニベロ、Equus20(エクウス20)をご紹介します。


ややこしい話ですが、日本で一般的に流通している20インチには2種類あります。

タイヤのビード(ホイールにはまっている部分)の直径が406㎜(HE規格)のものと、一回り大きいビード直径が451㎜(WO規格)のものです。


今回ご紹介するEquus20は大きい方の20インチ(WO規格)を採用しています。

標準装備のタイヤは30㎜幅(20×1-1/8)と太すぎず、細すぎず舗装路を走るのに最適な幅となっております。


大きい方の20インチ(WO規格)は非常に軽量な高性能タイヤが様々なメーカーから販売されているのも特徴の一つです。

例えばパナレーサーのミニッツライトは(20×1-1/8サイズのもので)カタログ重量190gと一般的なママチャリのタイヤの三分の一ほどの重量に収まっています。

(もちろんスポーツサイクル向けのタイヤだけではなく普段使い向けのタイヤも流通しておりますのでご安心ください)


この自転車の最大の特徴は拡張性の高さ


まず、前カゴを取り付け可能なのは当たり前。

しかも、スポーツバイクにありがちなハンドル部分だけで支える華奢な前カゴではなく、ブラケットとカゴ脚でがっちりと支える実用性の高い前カゴが取り付け可能です。


フェンダー(泥除け)用のダボ穴やセンタースタンド台座があるので、フルフェンダーやカゴと併用すると便利な安定性の高いセンタースタンドを無理なく取り付けることが出来ます。


最近はスポーツバイクにもカゴやラックとつけて、気軽に普段使いできる仕様にカスタムすることが流行っていますので、この自転車をベースに自分好みの一台に仕上げていくのも面白いかもしれません。


カラーラインナップはマットブラックとオレンジの2色展開です。


余談ですが今回ご紹介した自転車、便宜上商品名をEquus20としてご紹介させて頂きましたが、タグには206ミニベロ(20インチ6段変速小径車のこと)としか書かれておらずEquusとロゴデカールが貼られておりますが、同じEquusという名前でホイール径700Cのクロスバイクのシリーズもありますので、お問い合わせの際はご注意ください。

(ちゃんとフレームにEquusって書いているので、この自転車の名前がEquusなのは間違いないはずです。たぶんね)


ご来店の場合はこのページの写真をご提示いただくのが一番手っ取り早いと思いますが、お電話の場合は「新商品のマットブラックとオレンジがラインナップされている小径車」とお伝えいただいた方が確実からもしれません。


以上、注目の新商品のご紹介でした。

Comentários


bottom of page